【多摩川】ダッチオーブンで作る丸焼き系BBQ


最近ご無沙汰でした。
ちょっとビッグイベントが控えてるかもしれず、あまり外に出れていません。
そんな5月末、近所の河原でBBQとしゃれ込んできました。

声をかけて集まったのは、登山仲間やボルダリング仲間をはじめとした不思議なメンバー。

そして、薄い焼肉パーティなんかじゃ満たされないスピリットを発散させるべく
集った肉達。
豚。ラム。鶏。すべてブロック。塊でございます。
そこに、真鯛を加えて豪快に焼き上げてきました。

11224850_866731310064967_498243705150026256_o

まずは道具の紹介。ダッチオーブンです。
焼いてOK。オーブンにしてOK。煮てOK。なんでもござれの万能調理器具。
焚火に似合う黒い憎いやつです。
今回のメインはこちらのアイテムで焼いていきます。

そして焚火台。日本では直火禁止の場所が多いので
ダッチオーブンとセットで。
こちらはモノラルのWireFlameという製品で、耐火性の布を使った面白い商品です。
そのデザインとコンセプトに一発KOで、数年前に購入しました。

それでは、丸焼きパーティの全貌をご紹介します。
DSC09014
まずはラム肉の香草焼き
コストコで買ったラムチョップを一晩マリネしたものになります。
材料は以下の通り。分量?男の料理は目分量だと思います。

  • ラムチョップ
  • コショウ
  • ニンニク
  • オリーブオイル
  • 白ワイン
  • 白ワインビネガー
  • レモン汁
  • ローズマリー
  • バジル

<ソース>

  • バルサミコ
  • マスタード
  • 砂糖
  1. 塩と胡椒、擦ったニンニクをこすりつけて、残りの材料をジップロックに入れて肉を浸します。
  2. 当日、熱したダッチオーブンにオリーブオイル(分量外)をひいて、肉の表面を全面焼いていきます。
  3. ダッチオーブンの底に網を敷いて、肉を置いて蓋をして20分ほど蒸し焼きにします。下3:上7くらいの火力で
  4. 肉を取り出してホイルに包んで少し置きつつソースを作ります。オーブンに残った油+ソースの材料を混ぜて熱して完成

DSC09009_2

 

続いて、真鯛のアクアパッツァです。
お高いんでしょう?と聞かれそうですが、こちらジョ〇イフル本田で1380円
メンバー10人で割れば、一人当たり缶ジュース程度の値段です。
店で頼んで、内臓とうろこを落としてもらえば楽ちんです。
とても大きく目測を見誤った俺。12インチのダッチオーブンにも入らなかった・・・。

  • 真鯛
  • アサリ
  • オリーブ
  • トマト
  • バジル
  • コショウ
  • 白ワイン
  1. 真鯛に塩と胡椒を擦りこみます。
  2. オーブンにオリーブオイルをひいて、真鯛の両面にこんがり焼き目を付けます。
  3. おっとミステイク火の手が上がった・・・。11334056_866731666731598_1777011372121647646_o
  4. 気にせず、ワインで消火します。豪快に行きましょう。
  5. 同量の水を注いで、アサリを投入。
  6. 20分ほど蓋をして煮込みます。尻尾で閉まらない・・・。
  7. 蓋を開けて、トマト、オリーブを高い打点から投入します。
  8. 少し煮て完成。トッピングしたらバジルを散らして、オリーブオイルを回しかけましょう。

DSC09015
こちらは知人作のローストポークになります。
詳細は不明ですが、美味しかったです。
焼き方はラムと同じで表面を焼いて、20分蒸し焼きです。

11025970_866731583398273_5170568437464511928_o
そして同じく知人作のピザ。
載せてあるベーコンは自分が1週間前から仕込みました。

11270595_866731346731630_8361877740612619684_o
そしてローストチキン。
ダッチオーブンの象徴的料理と言えるかもしれない。
鶏なんてどこで手に入るんだよ!と思われるかもしれませんが、コストコでいともたやすく手に入ります。

  • 丸鶏
  • 胡椒
  • ニンニクなどの詰め物(ピラフでもOK)
  1. 鶏肉に塩、コショウを刷り込みます。しっかり目にするのがポイント
  2. 詰め物をケツから詰めます。
  3. 表面を焼いて、1時間ほどオーブンで蒸し焼きします。

即席バーニャカウダ

  • アンチョビソース
  • オリーブオイル
  • ニンニクチューブ
  1. 火のいらない野菜を買っていく
  2. おもむろにシェラカップを取り出す。
  3. 材料をだばー、ざばー、にゅるって感じで注ぐ
  4. 火にかけて混ぜる

以上。
最後に、自家製サングリアを作っていたんですが、こちらも簡単に紹介。

  • 安い赤ワイン
  • バナナ
  • リンゴ
  • オレンジ
  • フルーツ缶詰
  • シナモン
  • カルダモン
  • クローブ
  1. 容器(自分はナルゲンボトル使ってます)に細かく切ったフルーツを突っ込みます。
  2. ぶっちゃけフルーツはなんでもいいと思います。色々試してみたいですね。
  3. ワインを注ぎいれます。
  4. スパイスを適当に潰したりしながら入れます。
  5. 1~2日冷蔵庫で放置
  6. 中身を濾して、完成

もったいない派のあなたは漬け込んだフルーツはジャム何かにしましょう。
アレンジにブランデー入れたり、はちみつ入れてもOKです。


kou

kou

カメラを買ったことをきっかけに、アウトドアを始める。 そして数年を経て、気が付いたら趣味人間になっていた。 主な活動の場はFacebookだったが 友人に触発されて、ブログに手を出すに至る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 一緒に読まれている記事