【手白澤温泉】奥鬼怒温泉郷最奥の秘湯へ。徒歩2時間の旅


この時期でも楽しめる(であろう)雪山シリーズということで
今回は知る人ぞ知る秘湯「手白澤温泉」をピックアップしたいと思います。
なお、満員御礼のため予約必須とは予約を取ってくれた友人の言。

奥鬼怒温泉郷と言えば、加仁湯、八丁の湯、日光沢温泉、そしてこの手白澤温泉の四湯があります。
その中でも一番奥にあって徒歩でなければたどり着けないのが手白澤温泉です。

「山奥の温泉って、またあの阿曽原温泉みたいなところでしょ~。」とか思ったあなた。
当ブログのチェックありがとうございます。
ご安心ください。山奥の宿とは思えないこじゃれた宿が待っています。
それでは行ってみましょ~。

DSC04942
DSC04948
朝、俺たちは都内で集まって車二台体制で奥鬼怒を目指した。
これからの温泉に思いをはせる友人の横顔はどこかほっこりしていた。

DSC04950
本来であれば、トレッキングの様子を掲載するところではあるがいきなり目的地である。
風情もへったくれもないとはこのことだ。温泉が楽しみすぎて撮影を放棄したといったところか。
去年の3月の山行であるが、雪もしっかり残っていた。
真冬がどうかは分からないがアイゼンが必要と感じる場所はなかった。
トレッキングはゆっくり歩いたり遊びまくったこともあって、3,4時間かかったような気がする。

DSC04952
友人の力作が手白澤温泉ヒュッテに飾られる。

DSC04983
宿はとても綺麗。

DSC04986
宿の番犬、岳くん。なかなかのいたずらっ子でもある。

IMG_0101
外で酒を冷やしていたら、一本持って行ってしまった^^;
皆さんお気を付けください。なおマスターのご厚意で、一本地酒をいただけました。ありがたや~。

IMG_0103
夕食のメニュー。

IMG_0105
俺の魚だけ、苦悶の表情で焼かれていた。
お味は最高でした。

DSC04961
そして、温泉へ~。
客室に限りがある関係で、ほかのお客さんはほとんどいません。
そのため、ほぼ貸し切り状態。カメラを持ち込んでも他に人がいなければ大丈夫。
しかしフラッシュ使いが・・・。

DSC04958
客室の様子です。
和室でゆったりとした時を感じつつ、快適に一晩を過ごすことができます。

DSC07367
山奥だけあって星も綺麗。
ただ、夜遊びしてると岳くんが攻めてきます。

DSC04991
帰りは時間もあったので、みんなで色々遊びながらトレッキングしました。
しかし、まぁなぜ大仏だったんだろう。

DSC04993
昼食のお弁当におにぎりを付けてくれるのですが、これがまた美味しい!
具も梅、昆布など色々つけてくれます。
彼の様にスタイリッシュに食べましょう。

DSC04998
食事の後は、軽く腹ごなしです。
こちらは八丁の湯だったと思いますが、ソリで遊びます。

DSC05011
DSC05015
暫く下るとカケスくんのお目見えです。
後にあまり珍しい鳥でないことを知るのですが
綺麗な青い羽根が印象的な鳥でした。

DSC05037
DSC05068
それにしてもいい湯だった。
また行きたい。今度は違うシーズンがいいなぁ~。


kou

kou

カメラを買ったことをきっかけに、アウトドアを始める。 そして数年を経て、気が付いたら趣味人間になっていた。 主な活動の場はFacebookだったが 友人に触発されて、ブログに手を出すに至る。

One Comment:

  1. Pingback: 【宝篋山】2016年初日の出登山 ~筑波は混むしなぁとお困りのあなたへ~ – きまぐれアウトドアデイズ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 一緒に読まれている記事